■レブロンとカリーを中心にまわるNBA。だけど、だけじゃない!

ここ3年のNBAファイナルは史上初めて同チームの同一カード。もちろんレブロン・ジェームズとステフィン・カリーのチームです。(レブロン所属するキャバリアーズの1勝、カリーの所属するウォーリアーズの2勝) この2人が現在のNBAの2つの中心であることは間違いありません。しかし強烈なライバルや新しいスター候補達がこの2つの牙城を崩そうとしているのも事実。2人以外の個性あふれるスターも少し紹介させてください。

 

〈いままでのおさらい〉

・マイケル・ジョーダンはバスケットにおける空前絶後のスーパースター。

・ジョーダン引退後バスケ界は盛り上がりに欠けていたが、最近ようやく盛り上がってきた。

・レブロンとカリーという2人のスターが現在のNBAの中心。

・特にカリーはバスケ界に3Pという新しいトレンドをもたらしている。

・より高い確率のシュートと得点効率が戦術を決める上で最も重要な指標。

 

■現役最強のオフェンス個人商店「ラッセル・ウェストブルック」

まず紹介したいのはウェストブルックです。バスケットでは1試合で2つ以上二桁の記録をした場合、(例えば10得点、10リバウンド以上) 、『ダブルダブル』といわれ讃えられます。同じように3つ以上の二桁記録の場合は、(例えば10得点、10アシスト、10リバウンド以上)、『トリプルダブル』となります。本来であればめったに出ない記録なのですが、ウェストブルックはこのトリプルダブルの記録をなんとシーズンの平均を通じて成し遂げるというNBA史上2人目の偉業を達成するとともに得点王にも輝き、2016−17シーズンのMVPを受賞しました。

身長は低い選手(191cm)ですが、スピードとバネ、精神力が尋常でなく、とにかく敵陣に入り込んでいくので見ていて飽きません。漫画やドラマの世界にいそうな選手です。個人的な能力は誰もが認めるところなので、これで来季以降チームの成績がついてくれば、彼の時代が来るかもしれません。彼の所属するサンダーは2017-18シーズン前に大きな補強に成功しています。

 

■ シックスマンから這い上がった髭レフティ「ジェームス・ハーデン」

ハーデンは2016-17シーズンのMVPの座をウェストブルックと競い、ファンの間でも最後まで議論されるほどの活躍をした選手です。アシスト王にも輝き、平均得点はウェストブルックに次ぐ2位、3Pの成功数も3位とウェストブルックに負けず劣らずオールラウンドの活躍をし、チームも上位進出に導きました。

ハーデンは元々ウェストブルックがいるサンダーの控え選手でした。ポテンシャルは認められていたもののスターターを勝ち取れず、評価と待遇に不満を持ち2012-13シーズン前に今のチーム(ロケッツ)に移籍し、チームの中心選手となりました。そして先日、(2017-18シーズンの前)に4年1億1800万ドルという破格の延長契約を勝ち取ったのです。さらにロケッツにはクリス・ポールというリーグ屈指のPGが加入することになり、ウェストブルックのサンダー同様、2強を脅かすチームになるかもしれません。

 

■ NBA現役最高のツーウェイプレイヤー 「カワイ・レナード」

オフェンスもディフェンスも一流のプレイヤーをツーウェイプレイヤー(two-way-player)といいますが、現役最高のツーウェイプレイヤーと言われているのがレナードです。レナードは2011年にNBA入りした若手(1991年生まれの26歳)で、名門スパーズで順調に成長を重ね、2013-14シーズンにはNBAファイナル制覇(個人としては22歳という若さでファイナルMVP)、2014-2015、2015-2016シーズン連続で最優秀守備選手賞、ここ数年得点ランキングでもリーグTOP10に入るなどまさにツーウェイプレイヤーの活躍で、MVP投票でもここ2年連続でTOP3に選ばれています。

(レナードのシューズがジョーダンブランドであることもありますが、)神様マイケル・ジョーダンもレナードがお気に入りで、「レナードはレナードから得点は奪えない。」「現在のツーウェイプレイヤーとしてはレナードがベストだ。」と評価されています。コートの外ではおとなしい玄人好みの選手ですが、MVPと最優秀守備選手W受賞の日も近いかもしれません。

 

その2につづく・・・

8100.hatenablog.com